Pocket

スポンサーリンク

おはようございます。

元無職ニートで、現在は工場内勤務で社畜の管理人AKIRAです!

僕は過去に無職ニート時代があり、そして多額の借金がありました。

借金の内容は墓石(父親が死んだため)、キャバクラ、ギャンブル、、、

恥ずかしくてあまり言えないのですが、消費者金融やカードローンを利用しすぎて借金がいつのまにか膨れ上がり、気がつけば取り返しのつかない額に。

さすがに「ヤバい…」と感じ、月々の保険の支払いや支出を見直しました。

支出を見直す中で、愛車のMOVEを所有していた僕は必要性を考えてみた訳です。

もともとチャリンカー(自転車)だったので、車いらなくね?と。

今日は、貧乏な無職ニート時代に愛車のMOVEを車買取サービスで査定した話をしたいと思います!

無職ニートは車の維持費が大変

会社員時代に中古で購入した愛車のMOVE。

収入があればいいですが、無職ニートになると維持費が大変です。例を挙げると

車検、任意保険、自動車税、駐車場代、ガソリン、高速代、故障による修理代

これだけの出費を、貧乏で借金もあった無職ニートの僕にはとても維持する事が出来ません。

他にも月々の返済で頭の中は借金のことでいっぱいいっぱい、、、

そうすると、必然的に答えは一つです。そう!車を売るしかありません(笑)

いろいろ調べ、査定してくれる車買取サービスを探しました。

車買取サービスって、めっちゃ多くてどの会社が良いか悩みますよね、、

そこで行き着いたのが「フリマ型車買取サービスUllo」です↓

中間業者がいない分高額買取【フリマ型車買取サービスのUllo(ウーロ)】

フリマ型車買取サービス『Ullo』とは?

『Ullo』は、自動車メディアサイト「オートックワン」が 運営する車買取サービスのです。

Ullo最大の特徴は、車を売りたい人と車を買いたい中古車販売店を直接結ぶフリマ型車買取サービスという所。

フリマ形式なので、自分で売りたい価格が決められるんです!

実際の買取相場価格を参考にして、自分で納得する値段を決められます。

まぁ、あまり高額に設定すると売れないとおもいますが…笑笑

この『Ullo』は、中間業者を挟まないから高価買取が実現できているのが強味。

一般的には、ユーザーから買い取った車が中古車販売店に行くまでにいくつもの業者を介して届きます。

そのため、その間の手数料分や消費税が査定額から引かれます。

『Ullo』は車を売りたい方と販売業者を直接つなぐことにより、無駄なコストを削減しているので高価買取を可能にしています。

よく車の一括見積もりをするといろんな会社から営業電話がたくさんかかってきた経験がある人も多いんではないでしょうか?

しかし 『Ullo』は、基本的に管理画面だけのやりとりのみなので、業者の面倒臭い営業電話がかかってくることはありません。

【フリマ型車買取サービスのUllo(ウーロ)】



愛車のMOVEが高額で売れた!

結局、僕はこのフリマ型車買取サービスUlloを利用して愛車のMOVEが高額で売ることができました。

中古で購入して走行距離は6万キロくらいだったかな(正確に覚えてなくてすいません…)

もともとそんなに車に乗ってなかったからかもしれませんが、貧乏で借金アリの無職ニートの僕にとってはとてもありがたい臨時収入でした。

今になって思うと、車ってそんなに必要ないんではと感じます。「車が無いと絶対ムリッ!」と言う人もいますが無ければ無いで別の行動手段を考えるものです。

「車がないと生活できない」といいますが、本当にそうなのでしょうか?

もう一度、自分自身を見つめ直し現状を把握することが大切です。

無職ニートが車に乗るなと言ってるんじゃなく、生活水準を考えたときに車はそんなに必要ないんじゃないかなと思うわけです。

僕と同じように、無職ニートや生活費が苦しくて悩んでる方は人生も愛車も一度査定してみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

Pocket