Pocket

ハローワークの職業訓練って聞いたことはあるけど、実際にどんな人が受けられて、どんなことをしているのか?など詳しいことはよく知らないという人が多いと思います。

そこで、ハローワークの職業訓練について確認してみましょう。

就職への第一歩です。あなたにも役立つものかもしれませんよ!

スポンサーリンク

在職中の職業訓練

ひとくちに職業訓練といっても、いろいろなケースがあります。

まず、職業訓練とは、求職中の人の訓練というイメージですが、実は働いている人でも受けられます。在職中に職業訓練を受けることができるのです。

都道府県では、地域企業や地場産業のものづくりのための基礎的な職業訓練を行い、国では、都道府県や民間教育訓練機関で実施困難な高度なものづくり分野における知識や技能を習得できる職業訓練を行っているのです。

今いる会社での知識や技能をもっと身につけるためとか、転職に備えて知識や技能を身につけることができるのです。

働きながら受ける職業訓練

今現在、仕事をしていなくて、働きながら職業訓練を受けたいと考える人には、雇用型訓練というものがあります。

雇用型訓練とは、雇用した従業員を対象に、企業内での実習と、教育訓練機関での学習を組み合わせた実践的な訓練です。

賃金を得ながら訓練を受けられるのです。

雇用保険を受給しながら受ける職業訓練

離職中で、雇用保険の受給資格があり、雇用保険を受給しながら、訓練を受けてから就職したいという人に対しての職業訓練もあります。

日本版デュアルシステムと離職者訓練とがあり、基礎的な学習と企業での実習もあり、より実践的な職業訓練ができます。

雇用保険を受給できない人の職業訓練

雇用保険を受給できない人には、求職者支援訓練と日本版デュアルシステムとがあります。

こちらも、手に職をつけるために、技能の基礎から応用までを学べる職業訓練になっています。

スポンサーリンク

新卒の未就職者のための職業訓練

新卒だが、就職できずにいる未就職者のための職業訓練としては、学卒者訓練と日本版デュアルシステムとがあります。

高卒及び中卒者に対し、高度なものづくり人材を育成するために技術革新に対応できる高度な知識、技術を兼ねそなえた実践技術者を養成する職業訓練です。

いろんな仕事に対応している職業訓練

職業訓練をして得られる知識、技能とはどんなものがあるのでしょうか?

機械部品図作成に必要な知識と技能であったり、旋盤、フライス盤等の汎用工作機械による切削加工の基本技能、アーク溶接、ガス溶接、炭酸ガス溶接、TIG溶接などの基本技能、木材加工、配管設備、内装施工、塗装施工、金属接合に関する安全教育の資格取得、住宅リフォームの基礎知識、低圧屋内配線工事に必要な知識と技能などなど、さまざまな職業に就くための知識と技能を、時に机の上で学び、時に実習など実践訓練をして習得しようというものなので、いろんなコースがあります。

ハローワークへの求職申し込みが条件

仕事をしたいけど、知識も技能もなく、やりたい仕事に就けない人もいらっしゃると思います。

就職へ一歩でも近づくためには、職業訓練をして、仕事の知識と技能を身につけることが近道になります。

短期間コースの職業訓練の場合、多くのものは無料です。ハローワーク以外で行う長期に渡る訓練や、高度な職業訓練の場合には、有料のコースもあります。
中卒・高卒の都心体験型インターンシップ!職業訓練から就業支援まで!【ハッシャダイ】



無料の職業訓練を受けるには、ハローワークへの求職申し込みが条件となります。まずは、ハローワークで相談すると良いでしょう。

まとめ

離職中で、雇用保険が受給できる人、できない人、新卒の未就職者等、いろんなケースの求職者があり、さらに現在仕事をしているが、学びたいという人もいると思います。

いずれにしても、職業訓練は、就職への第一歩であり、ハローワークはその窓口なのです。

まずは、ハローワークに相談してみましょう。

スポンサーリンク

Pocket