Pocket


スポンサーリンク

家計の足しにパートでもしようと思うけど、知識や経験があまりない…

そんな方もいますよね。今、経験がなくても高収入が期待できる資格があるんです。

それは「レセプト診断士」です。

年齢制限も無く、週3日からOKという好待遇。

今回は、このレセプト診断士について説明します!

レセプト診断士ってなに?

近年、日本では高齢化が進み、医療費に莫大な費用がかかっています。

病院の数も増える中で、診療報酬を請求する明細書(レセプト)ををチェックする人材が必要になります。

この明細書を点検する専門スキルを持った人をレセプト診断士と言います。

現在、この資格を持った人が不足しており、需要の高い人気資格となっているのです。

レセプトとは?

レセプトとは、医療機関が健康保険組合に提出する月ごとの診療報酬明細書のことです。

医療機関が被保険者毎に月単位で作成し、それぞれの機関での審査を経て、最終的に保険者に送られます。

前月診療分のレセプトの提出日が翌月5日か10日(社会保険の場合は10日、国保連扱の場合は翌月5日)と定められており、この日を基準にレセプト作業を行います。

レセプトには、診療行為ごとに診療報酬点数が決められており、医療機関はこの点数を合算して、保険者に医療費を請求します。

どうやって取得するの?

レセプトを点検する人材が圧倒的に不足している中で、一般財団法人日本健保事務協会は、日本で初めてレセプト点検の専門職を養成する通信講座を開始しました。

一般財団法人日本健保事務協会

これにより、レセプト診断士という知名度が高まり、資格を取得するOLやニートや専業主婦が急増しました。

スポンサーリンク

人気の秘密は?

このレセプト診断士が、今なぜ人気なのでしょうか?

それは、未経験でも短期間で取得できるというところです。

まったく経験なしの初心者でも、通信講座を自分の家で3ヶ月程度受講するだけで「レセプト診断士2級」の資格取得が可能なんです。

また、人材不足のため募集している所が多く、就職先がすぐに見つかりやすいのもポイントです。

普通のパートより給料が多く、週2〜3日程度の勤務でも収入が安定しています。募集しているのは公共機関が多いので、将来的に考えても長く続けられるのが人気の一つでしょう。

誰でも簡単に取得できる?

無職ニートや専業主婦、定年を過ぎた人でも取得可能な資格です。

通信講座で1日20〜30分程度、約3ヶ月で取得できます。みっちり受講すれば2ヶ月で取得可能です。

通信講座では初心者でも分かりやすいように、イラストや図解で解説しています。また、テキストとDVDを用いて現場をイメージしながら専門講師による指導があるので安心です。

一見難しそうに感じますが、基本的な知識と業務の流れさえマスターすれば経験のない主婦や学生の方でも大丈夫!

就職先としては、各地の健康保険組合や協会けんぽの事務所、全国の市区町村役場などがあります。

また、職場によっては自分の都合に合わせて働くことも可能なので小さい子供がいる主婦や定年退職者でも好待遇で正職員への道も開けます。

将来性のある資格なので、今のうちに手に職をつけておくと転職や再就職でとても有利ですね^_^

無職ニートが就職活動で武器になる強い資格は一体何!?

こんな人におすすめ!

・今より安定した収入が欲しい

・子育てや家事の合間に仕事したい

・スキルアップしたい

・人の役に立てる現場で働きたい

・短時間働いて高収入を得たい専業主婦

まとめ

全く経験なしでも資格取得で働くことが出来るレセプト診断士。

どんな病院や診療所でも、請求するために必要な人材なので活躍の場は多いです。

年齢制限も無く短期間で高収入、これからもっと人気が出てくるのは間違いないでしょうね!

スポンサーリンク

Pocket