Pocket

スポンサーリンク

就活で成功する人の共通点はとても多くあります。

就活は何も考えないでやっていても、内定は貰えないですし、納得のある企業に入社をする事は出来ないです。

でも、「何であの人は内定もらえるの?」と疑問に思う時がありますよね。

それでは、どうすれば就活で成功をする事が出来るのか?

今回は「就活で成功する人の共通点」についてご紹介します。

『1.見た目が良い』

就活で成功する人は見た目が良い人が多いです。

男性の場合は清潔感があって爽やかな人、女性ならば愛嬌があって顔が綺麗な人です。

それらの人はある程度、面接でヘマをしてしまっても、顔補正のおかげで内定が貰いやすくなります。

特に女性の場合は顔補正が発動しやすくなるので、内定が貰えやすくなります。

『2.高学歴』

高学歴の人も内定は比較的出やすいです。

高学歴の人を雇う事で企業側も箔が付きますし、何よりも高学歴の人は戦力になってくれる可能性がとても高いです。

学歴があるという事は「勉強を一生懸命やってきた」という事です。勉強というのは決して面白い物では無いです。

しかし、高学歴の人は将来の為にその「つまらない勉強」を我慢してきて行ってきました。

社会に出たら、我慢をする事や忍耐力が必要な場面はとても多いです。

その忍耐力などを確かめるのに「学力」というのは良い判断材料になるのです。

『3.就活を始めるのが早い』

就活は早く始めた方が内定は出やすいです。

早く就活を始める事によって、筆記試験のコツや面接のコツなどを掴む事が出来ます。

就活はある程度の経験を積めばコツを掴めていくので、大事なのは早めに就活を行う事です。

就職浪人は不利?まずい?メリットとデメリットを詳しく解説!

『4.どの業界に行くかを決めている』

1つの業界にしぼって就活をしている人は、その業界の知識がとてもあるので、面接で志望動機を言う時なども、専門用語などを入れつつアピール出来るので、面接官から高評価を得られやすいです。

スポンサーリンク

『5.字が綺麗』

ESの字の綺麗さも面接では良く見られます。

テキトーに字を書いていたり、簡単な字も漢字で書かないでひらがなで書いていたら、マイナス評価を受けてしまいます。

ESを書くのは確かに面倒です。

私も就活をやっていた時は「ES書くのめんどくさいわ~」となっていました。

しかし、企業側からしたらそのような事は知ったこっちゃないので、どの企業に対しても、綺麗な字を心がけてESを書く事が内定への近道です。

『6.容量が良い』

容量が良い人も就活で成功しやすいです。

容量が良い人は「緩急」をつける事が出来ます。緩急を付けられる人は、頑張る時は頑張り、サボる時はサボ事が出来ます。

真面目過ぎる人は休みの日でも就活の事を考えてしまったり、面接で落ちたら長い間落ち込んでしまいます。

しかし、緩急が付けられる人は休みの日は思う存分、就活の事を忘れて遊ぶ事が出来ますし、面接で落ちたら「次、次」とすぐに気持ちを切り替える事が出来ます。

そのような人は、就活に対する体力も常に保ち続ける事が出来るので、途中で就活にバテないで済みます。

『7.話が上手』

就活は口が上手い人が勝ちやすいです。

面接という短い時間内で、どれだけ自分をアピールできるかが就活では重要なので、話が上手くて頭の回転が速い人は面接官からは高評価を得られやすいです。

私も勉強が出来なくても、内定を貰っている人はたくさん見てきました。

そのような人達は皆「伝える力」が優れていました。

2018年就職におすすめの業界7選!自分に合った仕事を見つけよう

『8.妥協できる』

妥協が出来る人も就活では成功しやすいです。

妥協というのは自分の身の丈に合ったレベルの企業を受け続けるという事です。

偏差値が40の人が大手企業ばかり受けていても内定を取るのは難しいです。

しかし、中小企業ならば受かる可能性は存分にあります。

力が無いのに大手企業に入っても、入社してから周りとの力の差にショックを受けてしまうので、自分に合ったレベルの企業を受けるのが大事です。

スポンサーリンク

Pocket