Pocket

スポンサーリンク

世の中にはブラック企業が残念ながら多くあります。

私もこれまで働いてきた会社の中に残業代が出ない企業がありました。いわゆる「サービス残業」という物です。

ブラック企業で働くと、このようなサービス残業を行わされる可能性が高くなります。

ここで気になるのが「残業をしているのに残業代が出ないのは違法かどうか」って事ですよね。

法律では「労働時間は1日8時間、週に40時間」までと定められています。これを超えたら残業代を貰えるのが普通なのです。

なので、残業代が出ないというのは違法行為に値します。

それでは、サービス残業代を企業から貰うにはどうすれば良いのか。対処法についてご紹介します。

『1.会社と話し合う』

まずは会社としっかり話し合うのが良いです。

会社の上司の人はどう思っているのを聞いた方が良いです。

大事なのは社長や上司に「サービス残業に対して大きな不満を持っている」という事を知らせる事です。

上司の中には「部下たちも納得してサービス残業を行っている」と勘違いをしている社畜の人がいる可能性があります。

直接、社長や役員の人に意見を言うのが緊張する人は、仲の良い上司にサービス残業の愚痴や意見を言った方が良いです。

サービス残業に対して文句を言ったとしても解雇はされないです。仮にそれで解雇にされたら不当解雇になるので、逆にその要件で会社を訴える事が出来ます。

あまりにも上司が話を聞いてくれない場合は、労働基準監督署に言った方が良いです。

その場合は、しっかりとサービス残業をさせられている証拠を持って行くのが大切です。

『2.会社に内容証明郵便を送る』

会社に「内容証明郵便」を送るのも1つの手です。

内容証明郵便には「2年以降残業代を払わなくて良いという時効を防ぐ」という効果があるので、是非とも提出した方が良いです。

内容証明書にはどのような事を書くと言いますと「残業の事実と残業代未払いの事実」「残業代の金額」「請求金額と支払期限」「支払い講座」などを書きます。

なので、しっかりとコレまでどれだけ残業代を貰ったかを確認しておく必要があるのです。

スポンサーリンク

『3.訴える』

話し合ってもダメで、内容証明郵便もダメだったら、もう弁護士に頼むしか無いです。

弁護士は法律のプロフェッショナル。サービス残業をさせられている事を証明できる物(言質など)をしっかり用意できれば、きっと勝利へと導いてくれるはずです。

私個人の感想

ブラック企業は平気でサービス残業をさせます。

しかし、サービス残業ばかりやっていると社員のモチベーションは低下するばかりで、最終的にはどんどんその会社を辞めていく人が出てきます。

私も同窓会に参加すると「俺の会社残業代出ないから収入めっちゃ少ないよ」と嘆いていました。私は「それで社員たちは納得しているの?」と聞くと「う~ん。それが当たり前のような感じになっちゃっているからね」という返答がかえってきました。

それを聞いて私は「え~。何で闘わないのかな~」と感じちゃいましたね。サービス残業は明らかに違法です。

働いているのに、お金が貰えないなんて、ボランティアじゃ無いのですからヒドすぎます。

仕事は基本は面白くないです。つまらないです。そのつまらない事を何故続けられるかと言いますと、お金という報酬があるからです。

その頼みの綱のお金すらも会社にケチられたら、そこの社員さんたちは目標を無くしてしまい、仕事に対する熱意も冷めてしまいます。

「残業代が出ないのは違法?」と感じている人は、しっかりと残業代を貰えるように会社に訴えた方が良いです。

残業代は貰えるのは当たり前の事です。

そこを泣き寝入りしていては、その企業はいつまでも成長出来ないですし、他の社員さん達も可哀想です。

誰かが動かないとブラック企業は減っては行かないです。少し勇気を持って現状を変えて行きましょう!

スポンサーリンク

Pocket