Pocket


スポンサーリンク


求人情報を見る方法っていろいろありますよね。

最近ではインターネットの普及により、どんな場所でも就職活動や転職が可能になりました。

パソコンを使って求人情報を検索することはもちろん、気に入った会社があれば概要を知ることができるし、応募することもできます。

ネットでの就職活動、転職は家に居ながらでもできるので無職ニートの方にもおすすめです。

また、企業側も人的コストの削減につながりるという利点があります。

今回は、インターネットを使った転職エージェントの活用法をご紹介します!

転職エージェントとは?

人材紹介会社サイトは、転職活用を支援する人材紹介会社が設けているサイトで、転職サイトとはサービスの内容が違うんです。

人材紹介会社は、正式には「有料職業紹介事業所」と呼ばれ、厚生労働大臣の認可を受けた民間の職業紹介、斡旋(あっせん)会社です。

最近では転職エージェントと呼ばれ、大勢の就職希望者が利用しています。

転職エージェントは、個々の転職希望者に対してマンツーマンでアドバイスを行い、希望や条件に応じて最適な企業を紹介してくれます。

転職エージェントに登録したからといって、相談料やサービス料を取られることはありません。

どうやって応募するの?

転職サイトで求人情報を検索するだけなら、誰でも簡単にアクセスできますよね。

しかし、実際そこから応募するには、自分のデータや情報を入力して、会員登録する必要があります。

その後、業種や勤務地などを選択して、その会社のアクセスフォームから応募することになります。

一方、転職エージェントのサイトは、まずサイトに登録することが前提です。

登録と同時に履歴書や職務経歴書を提出、カウンセリングやキャリア査定の申し込みをします。

面談で会員の条件を聞き、希望に沿った企業を紹介してくれます。

コンサルタントが会員に同行し、企業と面接をして双方の合意が得られたら晴れて入社となります。

おすすめの転職エージェントは?

現在、数多くある転職エージェントの中で最もおすすめなのがインテリジェンスです。



ニート、フリーター、派遣社員、パート、無職状態になっている29歳以下の方を対象に カウンセリングやセミナー、企業紹介、実習、奨励金制度などで支援し、 正社員として働く道を切り開くために生まれた支援事業です。

キャリアアドバイザーはあなたの転職成功までを1対1でサポートします。求人のご紹介、応募書類や面接のアドバイス、日程調整などはもちろん、さらにキャリアアドバイザーならではのご提案をしてくれます。

採用プロジェクト担当は、担当企業の採用計画や求める人物像をトータルに理解していますので、その企業の人事担当者と同じ目線で、深くきめ細かい情報を提供します。

求人情報の紹介のほか、選考日程の調整、企業の内部情報の提供、応募書類や面接のアドバイスなどをスムーズに行ってくれます。

脱ニート!脱フリーター!+若者正社員チャレンジ事業

何とかして正社員で働きたいが、どうしたらいいか分からない方に、 カウンセリングやセミナーなどで育成支援しながら、 正社員として就職できるようサポートする事業です。

フリーターや無職ニート期間が長い方、働いた事がない方などの支援実績もあります。

まずは登録をして、社会人としての第一歩を踏み出しましょう!

Pocket