Pocket

みなさん「再就職手当」ってご存知ですか?

今再就職の就活をしている人には朗報です。失業保険を貰っている人が、早期に再就職した場合に、「再就職手当」という手当が貰えるのです。

再就職を促すための制度です。この制度により支給される手当はこの他にもあります。

今回は再就職手当を中心に再就職を促すための「就業促進手当」と、その気になる金額についてご紹介します。

スポンサーリンク

「就業促進手当」とは

失業者の再就職を促す目的で「就業促進手当」というものがあります。

この就業促進手当の中身なのですが、主なものに「再就職手当」と「就業促進定着手当」があり、その他いくつかの手当から成り立っています。

受給資格は、当然のことながら、失業保険を貰っている人になります。

ようは失業保険を貰っているより、早く再就職したらご褒美をあげるよ、という内容のものです。

「再就職手当」とは

「再就職手当」は、失業保険を貰っている人が再就職をした場合に貰えるのですが、いくつかの条件があります。

①受給手続き後、7日間の待期期間満了後の就職であること、つまり、失業保険が貰える最初の日以降の就職ということです。

②失業保険を貰える日数が1/3以上残っていること。

③離職前の勤め先はもちろん、資本、資金、人事、取引面で密接な関係を持った事業所への再就職ではないこと、つまり、辞めた会社に出戻ったり、辞めた会社の息のかかった会社への再就職ならあげないよ、ということです。

当然です。辞めては戻りを繰り返し、繰り返ししていたら、儲かってしょうがないですよね。

④離職理由により給付制限がある人は、待期期間満了後1か月の間はハローワークまたは職業紹介事業者の紹介によっての就職であること。

⑤1年を超えて勤務することが確実であること。

⑥原則として雇用保険の被保険者であること。

⑦過去3年以内に再就職手当、常用就職支度手当を受けていないこと。

⑧求職申込前から採用内定していた事業者への就職ではないこと。

などがありますが、通常の場合、失業保険を貰える日数が1/3残っていれば他の条件はクリアできるかと思います。

気になる手当の金額ですが、失業保険を貰える日数により変わってきます。

失業保険を貰える日数が1/3以上の場合は、残りの日数の半分である50%分の日数分、2/3以上の場合は、60%分の日数分の手当が貰えます。下記の計算式の通りです。

失業保険日額×貰える残り日数×50%か60%
この計算式で出た金額が、再就職手当として貰える金額です。つまり、早く再就職するほど貰える金額は多くなります。

フリーターでも確定申告でお金が返ってくる?知らないと損する還付金

スポンサーリンク

「就業促進定着手当」とは

就業促進定着手当は、再就職手当を貰った人が、再就職先で6か月以上引き続き勤務し、かつ6か月の間の賃金の1日分の額が、離職前の賃金の1日分の額より低い場合に貰えます。

貰える額の計算式は次の通りです。

離職前の賃金日額-再就職6か月の間の賃金の1日分の賃金×再就職の日から6か月間内における賃金の支払いの基礎となった日数

ただし、これには上限があり、上限金額は次の通りです。

失業保険の日額×失業保険の支給残日数×40%

その他の手当

「就業促進手当」の中には、この他に、常用雇用等以外の形態で再就職した場合に貰える「就業手当」や障害のある方など就職が困難な方が安定した職業に就いた場合に貰える「常用就職支度手当」などがあります。いずれも一定の要件に該当することを要します。

まとめ

失業保険を貰って過ごしていてもいいですが、早く再就職すると、まとまったお金が入ってきます。

もちろん再就職先での給料も入るので、臨時収入になります。これはありがたいお話しです。

詳しい手続きは、ハローワークにご相談くださいね!

スポンサーリンク

Pocket