Pocket

「クレジットカードを作りたいんだけど、今は無職なんだよね~…」

と、お困りのそこのあなた!

無職でもクレジットカードは作れます。今回は、無職ニートでもクレジットカードを作る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

クレジットカードの審査とは

クレジットカードを作るには、まず審査が必要です。

その中で重要視されるのが、年収、勤続年数です。これらが、カード発行基準を満たしていないと、審査に通るのは難しいです。

クレジットカード会社も貸し倒れは困るので、支払い能力は重要視しています。なので、通常は年収、勤続年数はチェックポイントになります。

また、個人信用情報機関に登録されている内容に事故情報がある場合、いわゆるブラックリストというやつです。これは非常に厳しいです。

この情報が消えるには、時間が必要です。例えば

 延滞の場合…遅延している金額と遅延損害金の支払いから最低6ヶ月

 任意整理の場合…カード会社と協議した金額を支払い終わった時から最低3年

 個人再生の場合…裁判所が決定した債務を完済してから最低6年

 自己破産の場合…裁判所が認定した日から最低10年となっているようです。

これらの期間は、あくまで最低なので、それ以上に長い期間になることもあるようです。

さらに、これら情報が消し忘れされてしまうと、ずっと残ってしまいます。正直、事故情報がある人は非常に難しいでしょう。

あと、個人信用情報機関にカードやローンの利用履歴が全くない人も審査に通るのは難しいです。

現金主義で、今まで、なんでもかんでも現金で支払いをしてきた人は、カードもローンも利用していないので、個人信用情報機関に情報がないので、審査が厳しくなります。

もっとも、今まで現金主義できたのですから、これからも、現金主義で通せばイイ話ではありますが…

無職ニートがクレジットカードを作るには?

無職ニートの場合、クレジットカードの審査に通るのは難しいと思います。

でも、方法はあります。

無職でクレジットカードを作る一番確実な方法は、家族カードです

自分の親にクレジットカードを作ってもらい、自分はその家族会員になる。これなら確実にクレジットカードが作れます。

自分名義の自分だけのクレジットカードが欲しいという場合、派遣社員登録をするという手もあります。

派遣会社に登録して、実際には仕事を断り続けても、派遣社員と名乗れます。また、インターネットで何かしらネットビジネスをしていれば、たとえ収入が少なかろうが入らなかろうが自営業と名乗れます。

嘘ではないギリギリの真実というところです。クレジットカードを申し込む場合に、申し込み書類の記載に嘘があってはいけません。なので嘘でなければ良いのです。

しかし、どこのクレジットカードでも作れるという訳ではありませんので、それを頭に入れておきましょう。

審査が甘い会社に的を絞ろう!

クレジットカードを作るのにも、たくさんの発行会社があります。

審査の甘い順に並べると、次のようになります。

・消費者金融系クレジットカード
・流通系クレジットカード
・交通系クレジットカード
・信販系クレジットカード
・銀行系クレジットカード

消費者金融系クレジットカードは想像がつきやすいですが、次の流通系クレジットカードは狙い目です。

楽天やイオンなどの通販やスーパー、コンビニが発行しているクレジットカードは対象が主婦の所が多く、職が無くても作れる可能性が高いです。




□■楽天カード■□

楽天カード市場でお得なクレジットカード




○●イオンNEXCO中日本カードの詳細・カードお申込みはこちら●○

各社とも顧客の獲得が狙いなので、審査が甘めです。

ただ、一度どこかのクレジットカードの審査に落ちると、次に申し込むカードの審査が通りにくくなってしまう可能性があるので、ここは、的を絞って流通系か消費者金融系のクレジットカードに的を絞りましょう。

デビットカードもOK!

もう1つの方法として、デビットカードという手もあります。

デビットカードはクレジットカードと同様に使えるのですが審査はありません。それは銀行口座の残高内で使えるカードだからです。

すなわち、銀行口座に残高がある必要がありますが審査はないので、確実に作れます。

まとめ

これらのように、無職でもクレジットカードを作れる可能性はあります。

しかし、使ったからには払わなければいけないということは忘れないでください。

あくまで自己責任です。ご利用は計画的に!

スポンサーリンク

Pocket