Pocket


スポンサーリンク


求人広告などを見ていて疑問に思ったことはないでしょうか?

臨時や嘱託、パート、派遣とか書かれていて

「一体何が違うの?」と雇用形態が様々あり、よく分からないですよね。

これから働こうと思っている人は、この雇用形態を十分理解しておく必要があります。

まずは雇用形態の違いを知ることからスタートしましょう!

臨時、嘱託社員とは?

嘱託社員とは、正社員が定年退職となり、定年後も、再び嘱託社員という形で雇うことをいいます。これを「再雇用」といいます。

臨時社員とは、会社の業務拡大や事業完成のために労働者を増員するための雇用がもとになっています。

そのため、業務や事業の「雇用期間」を定める場合と、それを定めない「長期雇用」があります。

雇用期間を定める場合、ある一定の事業完成までという不定期な定めがあるものと、数ヶ月〜数年と長期的な期間を定めるものがあります。

労働基準法では「1年を越える期間を定めることはできない」となっているので、長期の雇用になる場合は1年ごとに契約を更新しなければなりません。

賃金は月給や時給など様々で、休日は正社員と同じ場合が多いです。

しかし、短期間の雇用の場合は

「解雇予告の必要なし」

「有給休暇の規定なし」

など権利が無いことが多いです。

パートタイムとは?

パートタイムとは、一般的に賃金が時給で計算される臨時労働者のことをいいます。

労働時間は、正社員の1日8時間労働に準ずるか、それ以下のケースがほとんどです。

学生や主婦の方がパートタイマーとして働いている場合、アルバイトと呼んだりもします。

一流企業だと、正社員とパートタイマーの就業規則は別々にあり、有給休暇や退職金などの規定が違います。(ない場合もある)

また、賃金に関しても皆勤手当、家族手当、住宅手当など各種手当が規定されないケースがほとんどです。

パートタイムの場合は、正社員よりも労働時間が少ないことが多いですが、時間外賃金規定や解雇予告義務などは適応されます。

スポンサーリンク

派遣社員とは?

派遣社員とは、文字通り人材派遣会社から派遣された社員のことです。

仕事内容などの指示は、派遣先の会社に従って行いますが、解雇命令などに関しては派遣会社が行うことになっています。

契約内容も派遣会社に準じ、給料面などの交渉も派遣会社になります。

会社側は、派遣契約の途中でも派遣された人が仕事に適性がないと判断したら、契約している会社は即座に派遣会社に派遣社員の入れ替えを申し出ることができるのです。

面倒くさい!ハローワークに行かずにネットで求人応募できる方法

労働契約書は絶対必要!

どんな雇用形態でも、労働基準法で定められた労働者の権利はあります。

しかし、その会社の就業規則によって多少変わってしまう場合があります。

そこで、自分が働く際に権利と義務が明記された「労働契約書」が必要不可欠です。

会社の労働条件が契約内容と違っていた場合や、もし違反があった時は労働契約書が強い武器となるからです。

労働契約書を交わす際に必要なのは、一般的に以下の条件です。

①雇用期間の有無②就業する場所と就業する業務内容

③始業、終業時間や休憩。休日、休暇

④賃金の決定、計算、支払い方法

⑤所定外労働(残業)規定

⑥退職

 

労働契約書に明記してあることは、就業規則の条件に基づくものです。

就業規則より悪い条件の場合は、改善の要求ができるのです。

まとめ

このように臨時、嘱託、パート、派遣での雇用形態の違いをご説明しました。

契約内容によって労働条件が変わってくるので、十分理解しておく必要があります。

後で問題にならないように、自分に合った条件で働けるようにしましょうね!

スポンサーリンク

Pocket