Pocket

スポンサーリンク

フリーターのみなさん「還付金」という言葉はご存じでしょうか?

還付金とは、所得税などの税金の払い過ぎで、納税者へ返ってくる税金のことです。

源泉徴収された所得税額が、年間の所得金額から計算した所得税額よりも多い場合は、確定申告する事によって、払い過ぎた税金を受け取ることが出来るんです。

今回は、知らないと損する還付金についてご説明します!

源泉徴収とは?

毎月、自動的に引かれる源泉徴収。

源泉徴収とは、会社などが給与や報酬を支払う際に、その金額から事前に所得税などを差し引いて支払いを行う制度のことです。

サラリーマンなら、この源泉徴収を差し引いて給料が支払われます。

これは短期アルバイトをしているフリーターでも同じことで、会社側はフリーターの給料から税金を源泉徴収して税務署に納めています。

この源泉徴収は、全額が税金になるのではなく、1年間働くことを前提として決めた〝おおよその額〟なんです。

なので、フリーターや1年間複数の場所でアルバイトをしている場合、税金を納めすぎている可能性があります。

確定申告するとお金が返ってくる?

この納め過ぎている税金を確定申告すれば、お金が戻ってくる場合があるんです。

源泉徴収される段階では、基礎控除と給与所得控除しか考慮されていませんが、それ以外にも国民年金や国民健康保険、生命保険など個人で加入している方もいますよね。

これらも控除の対象となるからなんです。
例えばフリーターの人なら、国民年金や国民健康保険を自分で支払っている方もいますよね。

国民年金は月額約1万3千円くらい、それと健康保険を合わせると、年間20万円以上の所得控除対象になります。

例えば、短期アルバイトで月約10万円(年間120万円)稼いでいたとすると、合計で1万5千円くらい源泉徴収をされていると思います。

フリーターの方が、国民年金と国民健康保険を自費で支払っていて、確定申告をすればこの二つを控除に含めれるので、年間控除額の合計が約120万円以上となり、 『年収が控除内で収まる=税金を払う必要が無い』ということになります。

なので確定申告すれば、源泉徴収されている約1万5千円が還付金として戻ってくるのです。

無職ニートがお金無くて国民年金を払えない場合の対処法は?

無職ニートがお金無くて国民年金を払えない場合の対処法は?

お金が返って来ない場合も!?

還付金が返ってくるお話をしましたが、逆にお金は返って来ないが確定申告をしなければいけない場合もあります。

どんな人かと言うと、会社のお給料を2ヶ所で貰っていて、年末調整をしなかった給料の所得の合計が20万円を超えている人です。

「全ての給料の合計から社会保険料などを控除した残りの額が150万円以下で、そのうえ所得が20万円以下の人は申告をしなくてもいい」となっています。

還付金が返って来ないからと言って、確定申告をしないでおこうと思っている方もいらっしゃいますが、短期アルバイトや派遣会社に2つ以上登録している方は要注意です。

年末調整と確定申告の方法は?

源泉徴収は、1年間働くことを前提として大体のの額が決められています。

これをキチンと計算し、その差額を調整するのが「年末調整」です。

年末になり、年収がハッキリする時点で、所得税額を計算し、源泉徴収額との差額が調整されるのです。

会社勤めの方は、会社側で調整してくれますが、年末までに退職してしまった場合は、年末調整ができません。

年内に再就職できた方は、以前の会社からもらっておいた源泉徴収票で、次の再就職先でできます。

年内に再就職できなかった場合は、自分で「確定申告」しなければなりません。

1月1日から12月31日までの1年間の所得額と、それに対する税額を自分で計算し、指定の税務署に申告します。

その期間は2月16日から3月15日までで、この期間を過ぎてしまうと無申告加算税が付くことになるので気をつけましょう。

納め過ぎた源泉徴収税の確定申告を「還付申告」といい、これは1月から行えます。

確定申告に必要なモノ

・源泉徴収票(以前勤めていた会社)
・所得控除の書類(支払い調書)
・印鑑
・必要経費の領収書

確定申告が初めての方には、すごく面倒かもしれませんが、これをしなくては返ってくるお金も戻って来ませんので、頑張りましょう!

税務署では、申告書の書き方を教えてくれたり、混雑時でなければ、記入までしてくれる場合もあるので大丈夫ですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか!

職場で年末調整が受けられなかった方や、アルバイトの掛け持ちで2カ所以上から給与の支払いを受けている人は、確定申告によって税金の還付金を受けることができるんです。

年末の給料の支払日以前に退職した人は年末調整の対象とならないので注意が必要です。

掛け持ちバイトをしている人や、12月以前に退職した人は、ぜひ確定申告に行きましょう!

スポンサーリンク

Pocket