Pocket

スポンサーリンク

弁護士の法律相談事務所のCMでおなじみの過払い金請求。

なんとなくわかるけど、よ~くは分からないという人が多いのではないのでしょうか?

特に、10年位前に借金して返済したなんて人は、知らなきゃ損しちゃいます。

身に覚えがある人は、真剣に読んでみてください!

過払い金請求とは?

借金をする時に、貸付側は利息制限法という法律により、利息の制限を守らなければいけません。

これは、金額に応じて決められており、元本10万円未満の場合は年利20%、元本10万円以上100万円未満の場合は年利18%、元本100万円以上の場合は、年利15%となっています。

これを上回ってはいけないのです。この制限利息を超えた利息分を返済した場合、払う必要がない分まで払ってしまっているので、払い過ぎた利息分のことを過払い金と呼び、払い過ぎた利息分を取り戻す請求のことを過払い金請求といいます。

なぜ過払い金が発生してしまったのか?

では、なぜ法律で決められている利息の上限を超える過払い金が発生してしまったのでしょうか?

それは、利息制限法の他に出資法という法律の存在があったのです。この出資法の制限金利は29.2%となっていました。

この2つの法律、利息制限法と出資法の間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれ、消費者金融会社やクレジットカード会社で公然とグレーゾーン金利で貸し付けが行われていたのです。

しかし、2006年に最高裁においてグレーゾーン金利を認めないという判決が下り、また、2010年には貸金業法の上限金利が利息制限法に一本化されたのです。

こうして法で認められない利息分の過払い金が発生してしまったのです。

過払い金請求には期限がある

2つの金利を決める法律の存在により発生してしまった過払い金ですが、過払い金請求には期限があります。

その期限とは、完済してから10年です。過払い金が発生している可能性があるグレーゾーン金利での貸し付けが公然と行われていた2007年以前に借金をして、2007年以降も返済していた人、または、返済を続けている人はいいのですが、問題は自分の記憶だと2006年あたりで完済したという人です。

過払い金請求の期限が10年なので、2006年に完済した人は、2016年が期限です。それが、実は2007年だったら、まだ間に合います。

書類が残っている人は、すぐに確認した方が良いです。また、2006年あたりだけど、ハッキリわからないという人は、法律相談事務所に相談してみたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

返済中の過払い金請求は注意が必要

完済している借金の過払い金請求はいいのですが、注意が必要なのは返済中の過払い金請求です。

もっとも、返済中の過払い金請求は、過払い金請求ではなく、債務整理になってしまいます。

過払い金請求とは、あくまで完済した借金に対するものであり、返済中のまだ借金継続中の場合は、債務整理というものになります。

債務整理して残債が残ると、ブラックリストに載ってしまいます。ここが注意する点です。

先に完済して過払い金請求するとか、過払い金で残債が無くなるのなら問題はないのですが、例えばクレジットカード会社相手に過払い金請求をした場合に、キャッシングが完済しているかで、良いのかと思ったらショッピングの返済に残債があり、債務整理となってしまい、ブラックリストに載ってしまったというケースも考えられます。

キャッシングでも、ショッピングでも自分の借金は全て正確に金額、期日等把握しておくことが不可欠です。

お金がない無職ニートでも審査が通るローン会社ってあるの?

まとめ

過払い金請求の対象になる借金の返済がある人や身に覚えがあるけど、自分で確認ができないという人は、すぐに弁護士の法律相談事務所に相談してみると良いでしょう。

今ならまだ間に合う過払い金の存在があるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

Pocket