Pocket

スポンサーリンク

会社の倒産やリストラなどは現代社会では珍しくありません。

急に無職になってしまうと、求職中でも40代や50代になると、なかなか就職先が見つかりませんね。

そうなると当然、生活費や家賃が払えないといった問題が出てきます。

住む場所が無くなってしまうと、新しい仕事にもなかなか就けない原因にもなりかねません。

そのために、生活困窮者の自立支援制度に「住居確保給付金の支給」という支援があります。

今回は、無職になって家賃払えない場合に受けられる住居確保給付金について解説します。

住居確保給付金とは?

住居確保給付金とは、リストラや失業等により経済的に行き詰まり、住居を失ってしまった人や失う恐れがある人に対して家賃を支給する制度です。

失業して住宅の家賃が払えない人は、地方自治体から住居確保給付金を受けることができます。(※自治体によって名称は異なる)

必要書類を提出して『住居確保給付金支給決定通知書』の交付を受けると、自治体から入居住宅の貸主等に住居確保給付が振り込まれる仕組みになっています。

住居のない人は、不動産業者等で入居希望住宅を探し、「入居予定住宅に関する状況通知書」に必要事項を記入してもらったら自治体の窓口に提出し、住居確保給付金支給対象証明書の交付を受けます。

敷金、礼金等を支払って住宅の賃貸契約を結び、入居した後に自治体窓口に必要書類を提出して住居確保給付金支給決定通知書の交付を受ければ、支給の手続きは完了します。

この制度は家賃を補助するだけでなく、再就職も支援してくれるんです。

支給を受けられる対象は?

しかし、この制度は誰でも受けられる訳ではありません。

支給を受けられる人は以下の通りです。

・離職後2年以内で、65歳未満であること

・離職前に主な生計維持者であった人、あるいは離婚等により申請時に主な生計維持者となっている人

・ハローワークに求職の申し込みをして、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと

・国や自治体が実施する雇用施策による貸付や給付等を、本人および同居の親族が受けていないこと

・単身世帯で収入が8万4000円+家賃額の額以下

・2人世帯で収入が13万円+家賃額の額以下

・3人世帯で収入が17万2000円+家賃額の額以下

・生計を一つにしている世帯全員の預貯金の合計が、単身世帯で50万4000円以下、2人世帯で78万円以下、3人世帯では100万円以下であること

生活保護を受給していない生活困窮者が「住居確保給付金の支給」を受けるための条件のひとつは、離職または自営業の廃業による住宅喪失、または失う恐れがあることです。

そのほかの条件としては、申請日に65歳未満かつ離職などから2年以内であること、離職などの日に世帯の生計を主として維持していたこと。

ハローワークに申し込み、常用就職を目指して求職活動を行うほか、申請者と生計が同じの同居親族が暴力団員ではないといった条件もあります。

また、離職者ではあっても基本的に「就労能力及び就労意欲のあること」が必要となりますので、単に無職でお金だけほしい、ということはできません。

東京で働く!仕事と住まい同時提供TokyoDive

支給額はどのくらい?

単身世帯は5万3700円、2人世帯は6万4000円、3人以上世帯は6万9800円(いずれも上限額)

支給期間は原則として3カ月です(条件によって最大9カ月間の支給が可能)。

スポンサーリンク

住居確保給付の申請に必要なものは?

住居確保給付を申請するには各自治体の保険福祉センター窓口で相談しましょう。

相談に応じて担当の支援員が「住居確保給付金申請時確認書」の説明をしてくれます。

窓口に出向くことができない場合は支援員による自宅訪問も可能です。

また、支援員とともに「支援プラン」を作成し、支援調整会議の結果、個人の状況に応じた支援の一環として「住宅確保給付金の支給」が行われます。

申請時に必要な書類などは以下の通りです。

・住居確保給付金支給申請書(顔写真を添付)

・運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証などの本人確認書類

・離職票等の離職したことの確認書類

・同居する親族に収入がある場合はその確認書類

・本人および同居親族の金融機関の通帳等の写し

・住居確保給付、総合支援資金貸付連絡票もしくは求職申込み、雇用施策利用状況確認票とハローワークが発行する求職受付票の写し

・印鑑

まとめ

この住居確保給付金の支給期間は原則3か月(最長9か月)ですが、無職でお金に困っている人には有り難い制度ですね。

そもそも、家賃が払えないなら生活費にも困っているという人が多いのではないでしょうか?

このような人の場合は、社会福祉協議会が運用している「生活福祉資金貸付制度」という制度を併用することも可能です。

無職でお金に困っている場合は、公的な支援制度をどんどん活用してみましょう。

世の中そんなに冷たくありませんから^_^

スポンサーリンク

Pocket