Pocket

スポンサーリンク


仕事をしている人は仕事を辞める前に行っておいた方が良い事がたくさんあります。

勢いまかせで仕事を辞めてしまい無職ニートになってしまうと、後悔する事がたくさん出てきます。

では「仕事を辞める前にするべき事は何か?」についてご紹介します。

勢いまかせで退職する前に、是非この記事を読んでくださいね!

『1.次の仕事を見つける』

無職になる前にするべき事で当たり前。まずは「次の仕事を見つける」という作業ですね。

仕事をしながら転職活動をするという事は、少しハードですが可能です。

無職になる前に、企業の内定を貰う事で「空白期間」を作らないで済みます。

今の日本はとにかく空白期間にうるさいです。無職になってしまうと空白期間が出来てしまうので、出来る事ならば仕事をしながら転職活動を行った方が良いです。

もし仕事日に面接日がカブってしまったら、面接日をズラして貰うように頼んだり、有給休暇を使って面接に行くのが良いでしょう。

仕事をしながら転職活動をしている人の大体は、このようにして転職活動をしているので結構大変ですが、空白期間を作らない為には大事な事なのです。

転職活動をするには「転職サイト」「転職エージェントサイト」「ハローワーク」などがありますが、新聞を取っている人は休日に来る求人チラシにも目を通すと良いです。意外と掘り出し物がありますよ。

正社員、契約社員の仕事情報から探す【バイトルNEXT】

『2.クレジットカードを作る』

無職になる前にクレジットカードを作った方が良いです。

無職になってからはクレジットカードを作るのは、ほぼ不可能なんです。

収入源のない無職ニートにも急な出費はあります。

クレジットカードを持っているととても便利なので是非ともクレジットカードを作っていない人は仕事を辞める前に作った方が良いです。

審査通らない!?無職ニートがクレジットカードを作る方法

『3.新たな住居を見つけておく』

もし寮住まいや仕事が紹介してくれたアパートなどに住んでいる場合は、次の住居を探した方が良いです。

新しい家を探してから住めるようになるまでは、時間のラグがあるので早めに決めた方が良いです。

もし実家が空いているのならば実家に戻るのも良いですね。実家ほどお金に困らない場所は無いです。

実家には家賃代という物が無いので、無職にも優しいです。食事も親が作ってくれるのならば、貯金を食費で費やさないで済みますしね。

祝い金がもらえる賃貸情報サイト-キャッシュバック賃貸-

『4.その後のプランを決めておく』

ノープランで仕事を辞めるのは危険です。

辞めたからはどうするか、どうしたいのかを明確にしないと、仕事を辞めた後の無職期間が延びてしまいます。

勢いまかせで仕事を辞めてしまいそうな時は、一旦落ちついて、冷静になって頭の中でじっくり考えましょう。

スポンサーリンク

『5.貯金額をしっかりと調べる』

仕事を辞める前に貯金額はしっかりと確認した方が良いです。

もし次の仕事が決まってない場合は、無職の間は貯金額でやり過ごす事になります。

しっかりと貯金額を確認する事で、その後の無職生活の過ごし方も見えてくるので大事です。

いきなり無職ニートになっても、次の職が決まるまでの期間どのくらいでやり繰り出来るか?など細かい計算も必要ですね。

『6.家族や友人に報告』

少し嫌かもしれないですが、家族や友人に報告をした方が良いです。

もしかしたら良いアドバイスを貰えて仕事に対する悩みが払拭されるかもしれないからです。

他にも仕事を辞める事によって、住所などが変わる場合も報告しないと、年賀状や贈り物が前の家に送られてしまうので。笑

【まとめ】

仕事を辞める前にやっておいた方が良い事は、このようにたくさん多くあります。

ノープランで仕事を辞めると後になって「ああやっておけば良かった」「失敗した」となってしまう事が多いです。

仕事探しは仕事を辞める前に行った方が、転職のモチベーションも上がって良いです。

仕事を辞めて無職状態で行うと無職の生活が居心地良くて転職活動に身が入らなくなってしまう事があります。

無職ニートの状態は、真面目な人からしたら精神的にかなり辛いです。

「早く仕事を探さないと」「みんな働いているのに」と考えていくとネガティブに陥ってしまうので、真面目な性格な人は特に早めに仕事を見つけましょうね!

スポンサーリンク

Pocket