Pocket

スポンサーリンク

最近では老後資金形成の手段として、iDeCoやNISAという言葉をよく耳にしますよね。

非課税メリットを生かした資産形成が行えるiDeCo(個人型確定拠出年金)積立てNISA(少額投資非課税制度)

投資の話になるとなんだか難しいと感じる方も多いと思います。

結局のところ、老後のお金を積立てるならiDeCoとNISAどっちがお得なの?

という素朴な疑問が沸いてきますね。

そこで今回は、iDeCoとNISAどっちがお得なのかお話したいと思います。

所得が高い人はiDeCoがお得!

結論から言うと、老後生活の資金として活用するならiDeCo(個人型確定拠出年金)の方が良いです。

その理由は税制優遇が大きいからです。

iDeCoは、掛け金が全額所得控除となり所得税と住民税が軽減されます。

その効果は所得が高い人ほど大きくなり、働き盛りの世代なら掛け金の20〜30%が還元されます。

例えば、7000円の積立てをすると節税分の3000円が加算されて1万円が増えたことになります。

利回りで換算すると

3000円÷7000円=約40%

このようなメリットはNISAにはありません。

運用益だけを見ると、iDeCoもNISAも非課税なので差はありません。

将来iDeCoで資金を受け取る時に課税されるといわれますが、一時金受取りなら退職所得控除が利用可能なので、現役時代の税率と比較すればお得なのです。

iDeCoで利用できる金融商品は各金融機関によって違いますが、定期預金や保険を選ぶこともできるため、元本割れのない商品でも税制優遇を受けられます。

iDeCoのデメリットとしては、原則60歳まで解約できないですが、逆に言えば絶対引き出せないので確実に老後資金が貯められます。

ただ、iDeCoで積立てが可能な投資信託は金融機関によって信託報酬(手数料みたいなもの)に幅があるため、利用する金融機関を慎重に選ぶ必要があります。

例えば、国内外に分散投資するタイプでは年0.18%〜2.16%まであり、12倍もの差が生じています。

楽天証券やマネックス証券などのネット証券や、イオン銀行などのネットバンクで新たにiDeCoの取り扱いを始めた金融機関は比較的信託報酬が低い商品を揃えています。

コストの高い金融機関でiDeCoを利用している人は、金融機関の変更も可能です。

手続きに少々時間がかかり面倒かもしれませんが、長い目で見れば信託報酬が低いところを選ぶほうがメリットがあるのは言うまでもないでしょう。

スポンサーリンク

積立てNISAのメリットは?

今までのNISAの場合、税金がゼロとなる投資金額の枠が年間120万円、投資できる期間が5年まで、最大投資金額は総額600万円(=120万円×5年)です。

一方、積立てNISAだと、税金がゼロとなる投資金額の枠が年間40万円、投資できる期間が20年まで、最大投資金額は総額800万円(=40万円×20年)になります。

投資金額の年間枠だけを見れば、現行のNISAのほうが大きいですが、投資できる期間が長く、税金がゼロとなる最大投資金額が大きいのは積立てNISAの方です。

もう一つ、積立てNISAのメリットとして毎月の掛け金の安さにあります。

iDeCoの場合、掛け金は毎月5000円以上と定められており、1000円きざみで金額を設定できます。

一方、積立てNISAは最低100円から積立てることができ、積立最低額が最も低かったのはネット証券で

・楽天証券

・SBI証券

・マネックス証券

・松井証券

これらの4つの証券会社は、100円から積み立てることができるので、投資初心者や少額で投資を始めたい人には積立てNISAがおすすめですね。

まとめ

iDeCoと積立てNISAについてお話させていただきました。

どちらにもメリットがあり、優劣はつけ難いですが、確実に老後のお金を積立てるならiDeCoのほうが良いと思います。

ともあれ、毎月5000円以上からなので家計を苦しめては元も子もありません。

自分の経済状況をよく把握したうえで、老後の資産形成を行いましょう!

スポンサーリンク

Pocket