Pocket

スポンサーリンク


発達障害には大きく分けて「自閉症スペクトラム」「ADHD」「学習障害」に分かれます。

自閉症スペクトラム

・「コミュニケーションが苦手」

・「環境の変化が苦手」

ADHD

・「不注意」

・「衝動」

・「多動」

LD

・「読み書き障害」

・「算数障害」

などの症状がありますが、LDは大人になるにつれて症状が減っていくのが特徴です。

「発達障害の人は無事に就職できる?」と疑問を持つ人も多いかもしれないですが、実際の所、就職できます。

なので、発達障害だからといって希望を捨ててはダメです。

【発達障害の人に向いている仕事】

では、発達障害の人に向いている仕事は何かについてご紹介します。

『1.農業』

発達障害の人は人とのコミュニケーションが苦手な人がとても多いです。

なので、一人で行えたり親族と共に出来る「農業」はとても相性が良いです。

発達障害の人は環境が変わるのを嫌がる傾向もあります。

しかし、農業は仕事場所が同じなので、環境の変化に困る事も無いです。

『2.工場』

工場の軽作業なども発達障害の人には向いています。

多くの事を色々とやるよりも、1つの事を地道にやった方が発達障害の人の良さを活かせるので工場は良いです。

小さい工場なら、人間関係もそこまで多くありませんので、人間関係の負担も少なくて済みます。

『3.事務』

企業が発達障害の人を雇う時は「事務」で雇う事が多いです。

事務は人とそこまで関わらなくても良いですし、仕事も黙々とやる系の物なので発達障害の人に向いています。

『4.芸術系』

発達障害の人の中にはクリエイティブの能力がある人が多いです。

発達障害の有名人には「さかなクン」「黒柳徹子」「栗原類」「トムクルーズ」「ブリトニースピアーズ」「エジソン」など才能あふれる人が勢ぞろいしています。

発達障害の人は感性が豊かな人が多いですので、その才能を活かして、世に自分の才能をアピールしていくのも良いです。

スポンサーリンク

【障害者枠で入社するのもアリ】

「障害者枠」を設けている企業は最近増えてきました。

発達障害の人も障害者枠で企業に入社する事が可能です。では障害者枠で入社したときの特徴についてご紹介します。

『1.契約社員から始まる事が多い』

障害者枠で入社した場合は、契約社員から始まる事が多いそうです。

しかし、しっかりと働けば正社員登用もあるので、そこは真面目にコツコツと頑張りましょう。

『2.仕事の範囲が狭い』

仕事の範囲が狭いのも障害者枠の特徴です。

障害者枠で入社した人の仕事内容は「事務」「軽作業」の仕事がほとんどです。

『3.大手企業に入る事が出来る』

障害者枠を採用している大手企業はたくさんあります。

障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】

なので、一般枠では入れそうもない企業でも障害者枠で入社出来るというケースは結構あります。

ちなみに、企業に一般枠で入って障害者枠に変更してもらえる人もいるらしいです。

なので、発達障害の人は一般枠としても、障害枠としても企業の選考を受けられるのは強みです。



【まとめ】

発達障害の人でもこのように、仕事を行う事が出来ますので「発達障害だけど就職できる?不安だ」と感じている方がいましたら安心してください。

最近では障害者枠を設ける事で、企業は国から助成金という名のお金を貰えるので、色々な企業で障害者枠を設けるようになってきています。

発達障害の人はコミュニケーションが苦手な人が多いので、黙々と出来る事務や軽作業などの仕事が向いています。

しかし、芸能人の中には発達障害を持ちながら大活躍をしている人もいます。最近売れているミュージシャンの米津玄師も発達障害を持っていますが、とても良い曲を作っています。

発達障害だからこそ他の人には持っていない感性を持っていたり、人の痛みも分かると感じると思うので、発達障害の人はクリエイティブな仕事にかなり向いていると私は感じています。

発達障害の偉人はとても多いので、発達障害とクリエイティブの因果関係は実証済みです!

スポンサーリンク

Pocket