Pocket

昔も今も変わらず言われる“資格の時代”、何度となく聞いたことがあると思います。

資格というけど、無職ニートの方は何を取得したらいいのかわからない…

取得しようとは思ってはいるけど、なかなか行動に移せないという方も多いのではないでしょうか。

今年こそ、がんばって資格を取得してみませんか?

そこで今回は、2017年おすすめの資格と題して、今年取っておきたい資格を5つご紹介します。

資格を取ると何がいいの?

初歩的な疑問ですが、資格を取れば給料UP↑の可能性がありますし、就職、転職の際も有利になります。

また、資格があれば無職ニートの方でも選べる職種の幅も広がりますし、不景気になった時も仕事を獲得できる可能性が上がります。

イイことづくしなのです。もちろん、資格取得には時間と努力そして講習料などのお金も必要なのですが、取れれば直ぐにペイできるでしょう。

2017年 おすすめの資格5選!

TOEIC(R)TEST

言わずと知れたTOEICです。今や英語は世界を相手にする企業において必需品です。

高い英語力は素晴らしい武器になります。また、3年後の2020年には、東京オリンピックが控えています。

東京オリンピックにより、たくさんの外国人観光客が集まります。一流企業でなくても、高い英語力は武器になります。

なるべく高い点数が取れるようにがんばって勉強しましょう!

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、就職、転職を考えている人に対して、その人の適正や希望に合った仕事を探したり、アドバイスしたりする専門家のことです。

民間の資格だったものが、2015年にキャリアコンサルタントの国家資格化に関する法案が可決、成立し、2016年4月に国家資格として誕生したばかりの資格です。

活躍の場も学校、ハローワーク、企業内と幅広く、期待の資格となっています。

保育士

今や待機児童問題は深刻な社会問題にもなっています。まだまだ、保育施設は足りておらず、保育士の数も当然足りません。

国は対策として、保育士の人数確保のため、2016年保育士国家試験を年2回行いました。2017年も引き続き年2回の試験実施を予定しています。

今、非常にニーズが高い保育士なので、就職先も多く、また年齢問わず働けるところも魅力です。

結婚、出産後も仕事に復帰しやすいため、女性には特におすすめの資格です。

介護資格

ご存知の通り、介護の仕事の人材不足は深刻なのです。

さらに、団塊の世代が75歳を迎える2025年には、4人に1人が75歳以上という超高齢化社会になってしまうという2025年問題も抱えています。

介護人材に対する需要はこれからもずっと続き、求人の多さと社会貢献の意義の高さにより、やりがいのある仕事になっています。

WEBデザイナー

WEBデザイナーといわれてもピンとこない人も多いかと思います。

インターネットのホームページやキャンペーンのWEBページやバナーなどを作るのが、WEBデザイナーです。

制作会社に発注するのが主流だったこの仕事ですが、近年、在宅で働くフリーランス、主婦、主夫などに発注して製作費を抑えようという企業も増えています。

また、インターネット上で仕事の受注のやりとりができるクラウドソーシングもクラウドワークスやランサーズなどを中心として、かなりの盛り上がりをみせております。

今後、ますますクラウドソーシングは活発になっていくでしょう。

なんといっても、在宅で仕事ができ、自営業として働けるのが魅力の仕事です!

まとめ

2017年おすすめの5つの資格をご紹介してきました。

他にもいくつかの有力資格があると思いますが、2017年を考えて選んだ5つの資格です。

どれも有力な資格ではありますが、一番大事なのは、無職ニートでもヤル気と進むべき道を決めることだと思います。

進むべき道を選び、それに必要な資格を取得することが最善策でしょう。

Pocket