Pocket

スポンサーリンク

就職活動で誰もが緊張をするのは「面接」ですよね。

私も就職活動をやっていた時は、エントリーシートや筆記試験に比べたら、ダントツで面接が嫌いでした。

企業の選考では面接がとても重要です。面接を突破しないと内定が貰えないので、出来る事ならば、相手に好印象を与える方法を身につけて面接に挑んだ方が良いです。

今回は、就活の面接で好印象を与えて合格する可能性をグッと上げる方法をご紹介します!

『1.若々しさをアピール』

新卒の人が社会人達に勝てる物は何かと言いますと「若さ」です。

若いからこそ、パワーもありますし、体力もあります。

新人に企業はこのようなフレッシュ感を求めています。フレッシュ感があるかどうかは「笑顔が多いか」で知る事が出来ます。

新人がベテランのような感じで落ち着き過ぎていたら、フレッシュ感は全く無いです。

なので、面接で好印象を与えるには笑顔が多く、フレッシュ感を大いにアピールするのが良いのです。

笑顔は自然に出ないと違和感ありまくりなので、常に笑顔の練習を人前で行ったり鏡の前で行った方が良いです。

『2.志望動機の完成度を高くする』

志望動機は自己PRと一緒で、どの企業でも必ず聞かれます。

自己PRは使いまわしが出来ますが、志望動機は「なぜその企業じゃないとダメなのか」を言うしか無いので、使いまわしが出来ないです。

なので、志望動機がしっかりしているかによって、その人がどれくらい自分の企業に本気かが分かります。

志望動機のクオリティを高めるには、会社の詳細な情報を調べる必要があります。例えば、企業理念や社長の過去の発言などです。

「そんな事まで知っているの?」と面接官に思わせる事で、その企業に対する熱意を存分にアピール出来き、合格する可能性がグッと上がります。

まだ内定がもらえない!?就活が上手くいかない人の特徴

『3.アドリブ能力を育む』

面接ではアドリブ能力も試されます。

面接の質問はどのような物が来るかは分かりません。

なので、意外な質問に対しても、しっかりとした回答が出来る事によって、機転が利く事や応用力がある事をアピール出来ますし、何より暗記していないで自分の本音を伝えている事もアピール出来ます。

『4.礼儀作法をしっかりする』

礼儀作法がしっかりしているのも面接官に好印象を与えます。

社会ではしっかりとしたマナーが出来ていないと、やっていけないです。

なので、言葉遣いがしっかりとしていて、服装もしっかりしている事は面接を行う上でとても大事な事なのです。

もし、礼儀作法に自信が無い人は、大学のキャリアセンターなどを使って練習をしてみたり、秘書検定などの資格を受けて見るのが良いです。

スポンサーリンク

『5.見た目を良くする』

外見を良くするというのも、初歩的な事ですがとても大事な事です。

男性だったらネクタイが曲がっていないか、寝ぐせが無いか、ヒゲの剃り残しが無いかをしっかりと面接前で確かめる必要があります。

女性の場合は、メイクが濃すぎないかなどを注意する必要があります。

就活の時に役立つブラック企業の見分け方!あなたの会社は大丈夫?

『6.控室でもしっかりする』

控室では就活生の素の顔が分かります。

企業によっては、職員の人が控室の様子を面接官の人に伝える場合もあります。

なので、控室でも面接は始まっていると思っていた方が良いです。会社の中に入ったら、職員さん全員が面接官のようなものなのですから。

まとめ

このように面接で好印象を与える方法はたくさんあります。

面接官は「人間」です。なので、相手に好まれるような動作や発言をすれば内定を貰える事が出来ます。

面接官はどのような人に内定を出すかと言いますと「会社に利益を出してくれる人」「一緒に働きたい人」に内定を出します。

なので、面接で自分を猛アピールして「この人は優秀だ!企業の発展には重要な人物だ!」「この人はとても若々しさがあって良い!共に働きたい!」と思ってもらえるような、行動をすれば内定は貰え、合格する可能性はグッと上がりますよ!

スポンサーリンク

Pocket