Pocket


スポンサーリンク

僕の場合ですが、片付けがすごく苦手です。

マンガや本の類が好きで、どうしても増えるので、無職ニート時代は部屋が散らかりゴミ屋敷のようでした。

どうしたら部屋を整然とできるか考えた結果、色々な工夫をしました。

部屋が汚いけど、片付け方が分からない。物をどのように分別して置いたらいいのかそもそも分からなくなっている、という方のために簡単にきれいにする方法をご紹介します。

収納ケースを活用する!

物があふれて仕方ない方におすすめの方法です。大きくて蓋付きの収納ケースや、クリアファイルの収納部がいくつもあるケースを用途に応じて使いましょう。

しっかりしたものだと2000円少々しますが、百均のプラスチックケース(おもちゃ入れ)でも代用がききます。

蓋付きのものだとホコリが積もるのを最小限に抑えることができます。

収納ケースのいいところは、中に更に仕切りとしてプラスチックの箱を入れて整頓できるところ、物を何分割にもできます。

クリアファイルの収納部があるケースはかさばりがちな書類をまとめておくのに便利です。収納ケースを大いに活用して、雑然とした部屋を整理しましょう。

要らないものは捨てるか売る!

“大切に保管する”行為を最低限に抑えるのが、部屋を綺麗に保つ秘訣です。

あれもこれもとりあえずとっておこうとすると、どんどん物が多くなって収拾がつかなくなってしまいます。

思い切って捨てるか、売ってしまうのが一番!捨てればその分のスペースに空きができますし、売ればお金も入ってきます。

捨てる基準は“将来それを使う機会に恵まれるか”ということです。将来性のない物を大切にしていたところで、無駄な場所を取ってしまうだけ。

ゴミにしてしまうのがおしいなら、リサイクルショップに持っていくか、ネットなどで売ってしまいましょう!

かさみやすい本や雑誌は本棚へ

部屋のスペースを奪うひとつの要因として、厚みのある本や雑誌類があります。

最近だと通販でも組み立て済の本棚や、有名雑貨店「無印良品」ではプラスチックの収納ケースが販売されています。

本棚の相場は2000円〜4000円と比較的お手頃。無印良品で買うとひとつ2000円少々です(部品をはめ込むと段を作ることができます)。

これらを活用することにより、一気に部屋が片付きます。ただ乱雑に並べるのではなく、ラベルを貼ったり仕切りを作って次に読む時に役立てましょう。

衣類の処分方法

無職ニートでもおしゃれな人の悩みで「服が多すぎて困ってしまう!」といったものがあります。

おしゃれに敏感な方だと、ワンシーズンごとに服を買い換えたりするかと思います。当然、その分収納していくクローゼットが埋まっていくので困ってしまうわけです。

僕の対処法としては「ネットアプリを活用」します。

最近コマーシャルでも流れているのでご存知の方もいるかとは思いますが、かつては路上などで画期的に行われていた「フリーマーケット」や「オークション」をアプリで開くことが出来るのです。

価格設定も自由に行えますので、思っていたよりも高く品物が売れたりするので魅力的です。

また、最近では服を高く買い取ってくれるサイトがあるので活用してみましょう!



まとめ

以上、汚い部屋を綺麗にする方法まとめでした。

無印ニートは生活が乱れ、部屋も汚くなりがちになります。

衛生面も考え、普段からきれいにすることを心がけましょう!

お役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

Pocket