Pocket

スポンサーリンク

僕は20代の頃、無職ニートだったことがありました。

今では正社員として毎日有意義な生活を過ごしていますが、無職ニート時代は現実逃避していたような気がします。

会社務めから解放されて、あたかも自由になったような錯覚に陥ってしまったのです。

自分の都合の良い現実逃避は危険です。ちゃんと老後のことを考えていますか?

無職ニートの現実逃避が危険な理由と、不安のない老後を送るためにするべき事を、本日は述べてみたいと思います。

無職ニートが抱く現実逃避とは?

 上記でも述べましたが、無職になると〝俺は自由だ!!〟みたいな錯覚をおこします。

朝早く起きる必要もないし、会社に出勤してイヤな上司と顔を合わせることもない。

なんて素晴らしい人生なんだ!、、と。

しかし、一生無職でいるつもりのないニートは少し具合が悪い。

何故なら、また違う会社に再就職しなけらばならないからです。

ダラダラと無職期間が長くなればなるほど、転職で合格することが難しくなる傾向があります。

例えば、1年間無職ニートで過ごして会社の面接に受けた時、面接官はこう疑問に思うはず。

「この人、1年間どこの会社も受からなかったのかな?」

人間的な部分でマイナスイメージでみられる可能性が高いです。

面接で何度も不採用になると、ヤル気も次第に無くなり無職ニート期間が長くなり、ますます危険な状態になります。

そして、なにより一番は金銭面の問題です。

無職ニートになると当然収入源がゼロになります。

〝ゼロ〟でうれしいのはチューハイの糖質くらい。

貯金があればいいですが、無職期間が長くなると徐々に食い潰していくでしょう。

自分が生きていく為には、自分自身で収入を得ていかなければなりません。現実逃避してる場合じゃないんですね。

「生涯孤独で生きていくんだ!だからほっといてくれ」

こう決め込んでも収入源は必要です。最近では「ネオニート」という、ニートながらネットビジネスでお金を稼ぐ人達が増えていますが、なにも行動しない限り現状は変わらないのです。

妄想や現実逃避はかなり危険。

実際、無職ニートになってみると誰からも何も言われる事もなく、自由気ままに生きていくことができます。

すると、再就職するのが億劫になり「一生無職のままでいいか」と思うようになる可能性だってあります。

これは最も危険な勘違いで、人生を破滅に導く第一歩となりかねません。くれぐれも注意をしましょう。

スポンサーリンク

不安のない老後を送るためには?

あるデータによると、60歳以上の無職の独身者の平均支出は月約14万3千円。

2014年の平均寿命は、男性は約81歳で女性は約87歳。

年金の受給資格があればいいですが、無職ニート時代にずっと払っていない場合、とても捻出できないですよね。

不安のない老後を送るためには、そう〝働く〟しかないのです。

最悪、無職ニートからフリーターや派遣社員へと転身することができれば、老後の不安も確実に軽減します。

もちろん、保険や年金のことを考えると正社員として働くことがベストですね。

40代や50代で再就職する場合、フリーターとして経験や職歴を積み重ねて、正規雇用を目指すのも一つの方法です。

アルバイトやパートでも立派な職歴として成立するので、本当に正規雇用を目指したいのであれば、職種を選ばず面接のアポを取りましょう。

少々キツい仕事もあると思いますが、「自分には後がない」と認識して不安のない老後のために、今の生活を変えましょう!↓

脱ニート!脱フリーター!+若者正社員チャレンジ事業



嫌なことを先延ばしにしない

無職ニートの方は、うすうす分かっていると思いますが「つい先延ばしにしてしまう」癖があるように感じます。

・頑張りたいけど、今は頑張れない

・すぐに結果を気にしてしまい、行動が止まりがちになる

もし、現状がこんな感じであれば、一度ご自身の胸に手をあて考えてみてください。

「今の自分は後々後悔をしない行動をできているのか?」

先の未来を見えてるかどうかがとても重要です。

人間は弱い生き物で、どうしても「今楽したい」と思うものです。

しかし、目の前の「楽な方」を選択すれば、この先に新しいものが生まれる事はありません。

そういう時には、こう自分に問い掛けてみてください。

「今仕無職ニートのままで老後に後悔しないか?」

もし、仕事をしなかったら恐らく老後に

「なぜあの時、就職しなかったんだろう」

と後悔するでしょう。結局無職ニートの人は「後悔する選択」を取り続けています。

その「後悔する選択」は半年後、1年後、10年後、そして老後にツケが回ってきます。

「あの時ちゃんと働いていれば…」

そう考えると、今目の前にある「後悔しない行動」が見えてくるはずです。

「後悔先に立たず」という言葉がありますが、まさに気持ちでやっていきましょう。

現実のことだけを考えず、将来の自分のためにも後悔しない行動をとりましょう。

きっと人生が好転するはずです^_^

スポンサーリンク

Pocket