Pocket


スポンサーリンク


ひきこもりの人の中には部屋がゴミで溢れてしまっている人がいます。

最近の若者は掃除をするのが苦手な人が多いので、女性の人でも部屋をゴミ屋敷にしてしまう人なんかも…正直、ドン引きですよね。

部屋をゴミ屋敷にしてしまうと、下手したら近所の人から通報を受けてしまうかもしれないです。

では、ひきこもりの人は何故自分の部屋をゴミ屋敷にしてしまうのか。その原因は何なのか?

『1.掃除をするのが面倒』

ひきこもりの人は掃除が苦手な人が多いです。ひきこもりになると活力が無くなるので、掃除を行う気力も無くなってしまいます。

掃除という行為は決して楽しい物では無いです

楽しくない行為を体がダルい状態で行うのは、ひきこもりの人からしたら億劫な行為です。

その為「掃除をするくらいなら、ゴミ屋敷で良い」と感じているひきこもりの人は多いのです。

あと、最近はゴミに対して国がうるさくなってきています。

燃えるゴミと燃えないゴミをしっかりと分けないと怒られるというのも、ひきこもりの人が掃除をしたがらない理由の1つです。

『2.人と出会いたくない』

引きこもりの人は基本人と会いたくないです。

引きこもりの人は近所の人はおろか、家族とも顔を合わしたがらないので、行動範囲がとても狭まってしまいます。

ゴミを集めて、外に捨てに行っても人と会う可能性が出てくるので、それならば掃除はしないという選択肢を取ってしまうのです。

『3.物を捨てるのが勿体ない』

引きこもりの人はお金を持っていない場合が多いです。

そうなると部屋にある物がとても大切な物になってきます。ゴミ屋敷になってしまうと、どこに何があるのか分からなくなってしまいます。

そうなると「もし大事な物を捨ててしまうと嫌だから掃除は良いや」となってしまいます。

他の人からしたらゴミにしか見えない物も、引きこもりの人からしたら「もしかしたら売れるかもしれないだろ!」という物だったりもします。

スポンサーリンク

『4.動きたくない』

引きこもりの人は基本、動くのが面倒だと感じています。

部屋の中でパソコンをやったり、テレビゲームをやったりする以外は動きたがらないので、掃除のような面倒な事はしたがらないです。

『5.落ち着く』

部屋にゴミがあると落ち着くという引きこもりの人もいます。

物がある事は引きこもりの人からしたらとても大事な事です。

なので、物に溢れている部屋にいると落ち着くのです。

『6.インテリアになる』

何もない部屋にいるよりも、物があった方が引きこもりの人は安心します。

人によって、ゴミですらもインテリアと化してしまうんです。

1回1980円~の1人暮らし向け掃除代行 イエキーピング

【最後に】

引きこもりの人がゴミ屋敷を作ってしまう原因は、このように多くの理由が挙げられます。

引きこもりの人は人が怖かったり、動くのが面倒だったりするので、ゴミ屋敷になってしまうのは、仕方ないっちゃ仕方ない事です。

実家住みならば家族だけの迷惑で済みますが、もしコレが一人暮らしのアパート住みだったら隣人トラブルに発展しかねないですね。

ゴミ屋敷は自分では気づかないですが、かなりの異臭がします。なので、隣の部屋の人からしたらドン引きです。

下手したらアパートの管理人さんにバレて部屋を追い出されてしまうかもしれません。

引きこもりの人は物を大切にしたい気持ちは分かりますが、部屋の中にはいらない物があるのは事実。

部屋を綺麗にする事によって物も探しやすくなりますし、気分も爽快になるので面倒かもしれないですが、重い腰を上げて掃除をするほうが良いです。

もし1人で掃除が出来ないのならば、家族や友人に手伝ってもらうのも良いです。家族や友人に頼みたくない人は業者の人に頼むという手段もあります。

ゴミ屋敷は自分だけの問題では無く、近所の人にも迷惑をかけてしまうので、健全な生活を送りたいのなら、ゴミ屋敷を綺麗にしましょう!

スポンサーリンク

Pocket