Pocket

多くの無職ニート、引きこもりの方は昼夜逆転の生活を送っているのではないのでしょうか?

昼夜逆転の生活を続けていると、なかなか一般的な社会生活に復帰しづらいです。

どうにかして、昼夜逆転の生活を改善しなくてはいけません。そう、引きこもり脱出の第一歩が、昼夜逆転の生活を改善することだと考えます。

そこで、昼夜逆転の生活を改善する方法を確認してみましょう。

スポンサーリンク

昼夜逆転してしまうのは何故?

人とのコミュニケーションをとるのが面倒くさいため、夜間に活動するというのが理由の1つにあると思います。

昼間、夜の早い時間に家の中で活動すると、家族から何か言われたり、聞かれたりして面倒なため、みんなが寝静まった夜中に活動するのです。

また、単純にゲームやネットに入りこんでしまい、気づいたら朝になっていた、という生活を繰り返していたら昼夜逆転してしまったという人も多いと思います。

さらに、一日中あまり動かないため、夜寝ようとしても寝つけず、結果、朝から眠りに入り始めて、昼夜逆転の生活をしてしまうなどの理由も考えられます。

昼夜逆転を改善する方法

昼夜逆転を改善する方法は、言葉でいうと簡単で、規則正しい生活をし、昼間、適度にからだと頭を使うことです。

しかし、昼夜逆転の生活をしている人にとっては、わかってはいるけど、実行できないんだ!そんなのできてたら昼夜逆転の生活なんかしてないよ!と思われることでしょう。

しかし、そのままでは、いっこうに昼夜逆転の生活から脱出できず無職ニート、引きこもりから卒業できません。

少しばかり、気合いを入れましょう!

まずは、朝起きる!

規則正しい生活の第一歩は、朝起きることです。目覚まし時計何個でも使い、無理にでもいいので、とにかく朝起きましょう!

何もしなくてもいいので、まずは朝決まった時間に起きるのです。

最悪の場合、夜から起きていたとしても、朝、昼起き続けて、次の夜まで起きていましょう。

一日くらい寝なくても死にはしません。そして、夜寝て、次の朝から朝起きる生活に戻すのです。

これを定着させて、朝起きる習慣を取り戻すのです。

食事も大事

睡眠には、生活のリズムが非常に大事です。そのためには、規則正しい食事習慣も必要です。

朝食、昼食、夕食の一日三食をおよそ決まった時間に食べ、間食は控えましょう。特に夜の間食は睡眠の妨げになります。我慢しましょう。

お腹がすいていようが、すいてまいが、一日三食およそ決まった時間に食べましょう。

適当な時間にお腹がすいたから、カップめん、お菓子をダラダラ食べる食事習慣とはサヨナラしましょう!

早い時間にお風呂に入りましょう

夜の入浴も良い睡眠に欠かせません。

毎日お風呂でスッキリきれいになって、温かい湯船でのんびりリラックスしましょう。

夜遅い時間の入浴は、寝る時間を遅らせてしまうので、夜早い時間に入浴することをお勧めします。

スポンサーリンク

からだを動かす、本を読む

朝起きられるようになったら、軽い運動でいいので、からだを動かすようにしましょう。昼間に体力を使うことで、夜眠くなるハズです。

また、読書や何か勉強することがあれば、勉強でもいいので、昼間に頭を使うことを何かしましょう。

夜寝るためには、昼間のうちに肉体と頭に適度な疲労を与えてあげるといいのです。

昼間に適度な運動、読書をすれば、夜眠くなるという訳です。

外に出よう!

さあ、最終ステップです。

生活リズムができ、ある程度体力が戻ったら、いよいよ日中外に出てみましょう!

日光をあびて外を散歩するとか、歩いて買い物に出かけるとかでいいので、昼間は外で過ごしましょう。

最初は少しづつでいいので、ちょっとづつ行動範囲を広げたり、時間を長くしていきましょう。

朝が弱い新社会人やニートが絶対起きれる目覚まし時計とは?

まとめ

昼夜逆転の生活を改善し、無職ニートや引きこもりから脱出する方法を確認してきました。

何より大事なのは、まず朝起きるということです。これには、起きよう!という強い意思が必要です。気合いを入れていきましょう!

その後は、少しづつステップアップして、昼夜逆転の生活を改善し、引きこもり生活にサヨナラしましょう。

幸運を祈ります^_^

スポンサーリンク

Pocket