Pocket

スポンサーリンク

働く事はとってもしんどいですよね。しかし、働かないとお金を貰えないので生活が出来ないです。

ですが、仕事をする事によってストレスによって体を壊してしまう可能性があるので、メンタルが弱い人は出来るだけ仕事をしたくないというのが本音。

仕事でのストレスで、とても多いのは「人間関係」ですよね。

体は丈夫だけど、人と一緒に仕事をしたくない人に向いているお金の稼ぎ方は何があるのかと言いますと「空き缶収集」があります。

空き缶収集は自転車と体力さえあれば出来る仕事なので、私はとても興味を持っています!

そこで私は「1日いくら稼げる?」「缶集めだけで生活できるのか?」と疑問に感じて、ネットで缶集めの情報を調べたら、缶集めだけで生活するのは少し難しそうでした。

空き缶収集で1日に稼げる額は、実際の所「1日5袋で1500~2000円」「月5万円」というのが現状らしいです。

1日働いてお金が1500~2000円って結構シビアですよねぇ。

私は以前に日雇いの仕事をしていた事があるのですが、多い日では1日で8000円稼げた事がありました。

その時の仕事は、肉体的ストレス・人間関係などの精神的ストレスがありとても大変でした。

しかし、8000円という高額の給料の為に何とか頑張れました。

その点、空き缶収集は肉体のストレスはあるかもしれないですが、人間関係などの精神的ストレスは無いので、自分のペースで仕事がしたい人には良い仕事かもしれないです。

缶集めをしている人に対して偏見を持つ人はいるかもしれないです。私も実際の所、少し偏見を持っていますが、「感謝」をする所はあります。

今の世の中、飲んだ空き缶などをゴミ箱にしっかりと捨てないで、道や森に捨てる人が多いです。私はそのような人が大嫌いです。

何故ならば「自分さえよければ良い」という考え方がポイ捨てには強く表れているからです。

スポンサーリンク

私は田舎に住んでいるのですが、自転車で走っていると道には色々な物が落ちています。

落ちている物は、空き缶・漫画本・お弁当の箱など様々です。

私はあまりにもゴミの量がヒドいときは、自主的にボランティアで落ちている物をゴミ袋に入れています。

缶集めは私からしたら「ボランティア」にとても似ています。

缶集めをやっている人はお金目的でやっているのでしょうけど、結果的には「街を綺麗にする」という行為をしているので、私はとても感謝をしています。

ただ、落ちている空き缶を拾う行為はとても素晴らしいですが、ゴミ箱の空き缶を拾ったり、漁ったりしている姿は見ていてあまり気持ち良い物では無いです、、、

もし小さい子供が買い物をしていて、ゴミ箱からアルミ缶を漁っている人を見かけたら、子供に悪影響ですよね。

そして、空き缶拾いをしている人はホームレスの人が多いです。

ホームレスの人は収入源が少ないので空き缶集めをするしか無いのは分かるのですが、結果的に空き缶でお金を稼ぐ事できるせいで「ホームレスのままでもやっていけるんだ」と感じてしまいます。

そうなると、ホームレスを卒業させるタイミングを逃してしまうのです。

「缶集めだけで生活は出来るのか」という話題に戻しますが、結果的には「ホームレスの人」ならば可能ですね。

缶集めは1日「1500円」くらい稼げます。

ホームレスの人は家が無いので家賃代も無いですし、食費さえ確保できれば何とか生活は出来ます。

なので、1日3食500円で済ませられば、貯金は貯まらないですが、生活は出来ます。

ただ缶集めで生計をたてるよりは、生活保護を受けながら就活をした方が良いと私は感じてしまいますね。

空き缶収集をしなければ生活できないのならば、生活保護の条件に当てはまっているでしょうから、安定を取るのならば缶集めを辞めて生活保護を受けた方が良いと感じます。

缶集めは国や市に任せて、ホームレスの人は自分の為にも、缶集めを卒業して就活をしたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

Pocket