Pocket

スポンサーリンク

おはようございます。

貧乏中年で仮想通貨投資家のAKIRAです。

現在はサラリーマンとして働きながら、仮想通貨を毎月ちょっとずつ買い増しをしています。

タイトルの通り、僕は貧乏なので一気に大量の仮想通貨を買うことができません。

しかし、出来るだけ普段の生活費を節約して有り金全部ブチ込んでいます。

『何故そこまでするの?』と友人から聞かれることがありますが、もちろん理由があります。

今回は、貧乏中年が仮想通貨に有り金全部ブチ込んでいる理由についてお話したいと思います。

仮想通貨に有り金全部ブチ込んでいる理由

まず、仮想通貨に有り金全部ブチ込んでいる理由の一つは、僕自身が仮想通貨にすごく可能性を感じていることです。

将来的に実用化されれば世の中が今よりもっと便利になります。

そうなれば仮想通貨の価値も高まり、価格も上がります。

普通預金をしたってお金が増えることはありません。それならば将来的に可能性のあるコインに投資してるほうがお金持ちになれる可能性がUPするんじゃないかなと。

将来的に有望なコインを見極める必要はありますが、まだ価格も安いコイン(草コイン)があるので、安いうちに大量に仕込んでおく為に有り金全部ブチ込んでいるのが一番の理由です。

それともう一つ、Zaifという取引所で毎月積立てで仮想通貨を購入しています。

毎月積立てで購入することで、価格が安い時に多く買えるメリットがあります。

高値の時に一気に大量に買ってしまって、その後価格が下がってしまうのを防ぐためですね。

少額で始められるので、仮想通貨の初心者でも抵抗なく投資することが可能です。

仮想通貨の積立てならZaif!

2018年がラストチャンス!?

貧乏中年である僕が、仮想通貨に有り金全部ブチ込んでいるもう一つの理由。

それは、2018年がラストチャンスだと思うからです。

2017年は仮想通貨元年と言われました。相場全体の時価総額が2兆円ほどでしたが、2018年に入り30兆円にまで膨れ上がっています。

それだけ取引きする人が増えているということですね。取引量が増えると仮想通貨の価値も上がります。

なので、価格がまだ安い2018年のうちに仮想通貨に投資しておこうと。そう、ラストチャンスだと僕は感じています。

2019年や2020年になって仮想通貨の価値が上がり、資産を増やす人が数多くなっていた時に

『あの時、買っておけば…』

なんて事に僕はなりたくありません。だから今のうちに少々無理してでも投資している訳です。

投資の基本は〝安い時に買って高い時に売る〟です。至ってシンプルです。

みんなが仮想通貨に魅力を感じて買い出す頃には、もう既に価格が上がっているので遅いんです。

まだ仮想通貨に参入する人が少ない今だからこそチャンスなのです!

スポンサーリンク

億り人になるには行動すること

僕の夢であり目標は億り人になることです。

億り人とは1億円以上の資産を保有する人のこと。

なんの知識もない貧乏中年が、億り人になれる可能性は仮想通貨しかないと確信しています。

投資には株式やFX、投資信託などありますが短期間で10倍や100倍に増やせるのは仮想通貨だけです。

先程も申し上げましたが、2018年が仮想通貨に投資するラストチャンスだと思います。

この先、これほど可能性のある投資は出てこないでしょう。

なので、僕はこのチャンスを逃さず仮想通貨に集中的に投資しています。

お金持ちになるためには行動が一番必要ではないでしょうか。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

今回は貧乏中年である僕の意見を述べさせていただきました。

あくまで個人的な見解ですが、仮想通貨には夢があると感じています。

世の中がもっと便利になり、個人の資産も増えればこんな良いことはありません。

有り金全部ブチ込んでいるのは、ちょっとやり過ぎかもしれませんがね、、、笑

なので仮想通貨に興味がある人や、これから始めようと思う方は毎月積立てで始められたらいかがでしょうか!

行動することで人生が変わると僕は信じています。

初心者から始めるなら国内取引所Zaif!↓

Pocket